できるだけ自分でやること

部屋

サービスを見返す

安い引越しを考えるのであれば、まず身の回りの加入サービスの振り返りをしましょう。転勤に伴う引越しのときは、会社から引越し代は出るのか、そして出るのであれば、どのくらい出るのかということをまず確認しましょう。会社と提携している引越し会社があり、そちらを使うと割引が効くこともあります。また、協同組合のサービスに加入していると割引が効くこともあります。同様に、学生であれば割引が効き、安いこともあります。さらに、ショッピングセンターのクレジットカードを持っている場合、引越しに関して優待があり安いものがあります。直接引越し料金の割引とはならない場合も、クレジットカード自体のポイントが貯まることがあるので、ぜひ確認することをおすすめします。こういった割引については引越し会社から提案してきてくれることは少ないです。自分の身の回りの割引の可能性を確認したら、見積もりを依頼しましょう。注意すべきは荷物の量です。荷物の量が多くなると値段は高くなっていきます。具体的には家具特にベッドがあるか、家電はどのくらいあるかです。自分で車を使って荷物を運ぶことができたり、家族の応援が望めるときには手伝ってもらうことで、引越しの値段は抑えることができます。引越し会社さんの当日来てくれる人数、搬入をどの程度やってくれるかも確認しないといけません。人数が多くなるほど、そして作業の範囲が増えれば増えるほど人件費ということで加算があります。ドライバーさん一人の場合、安いです。